ニキビと紫外線の関係

お肌のためには紫外線対策を摂ることはとても重要なことといえます。ですがお肌にニキビが生まれてしまっているときはどうなのでしょうか。「ニキビの上に日焼け止めを使用するのは、悪化させることに繋がるのでは?」そう思う人も少なくないと思います。

ニキビと紫外線、実は深い関りがありました。お肌への対策をしないまま紫外線を受けてしまうと、お肌のガード機能が働き角質層に厚みが生まれ、過角化へと進んでしまいます。

過角化が進行してしまうと今度は毛穴が詰まってニキビが生まれやすくなり、さらには抵抗力が落ちてしまうために炎症が起きてしまったり、ひどい状態になってしまうこともあるようです。

紫外線がお肌に対して及ぼす悪影響はそれだけではありません。お肌に必要な水分を失わせてしまい、本来お肌が持っているバリア機能をダウンさせてしまうことに繋がってしまいます。ニキビ改善のための角質ケア、ピーリングを行っている時も同様にバリア機能が落ちている状態です。

ピーリング後はいつもより丹念に紫外線対策を行わないと、ニキビ改善が期待できるどころか悪化させてしまう可能性もあります。ニキビがお肌に生まれている状態でも、日焼け止め対策としてUVクリームなどを利用する事はオススメです。

ポイントとしてはなるべくお肌にダメージを与えない日焼け止めを選択することです。紫外線吸収剤が配合されている日焼け止めは、「アレルギーを含む皮膚トラブル誘引成分」として旧表示成分に入っていますので、ニキビがある人やデリケート肌の人にとって、悪影響を及ぼすケースも考えられます。

また日焼け止めの中に入っているオイルが酸化してしまうとニキビの元になるケースもありますので、なるべくオイルフリーの日焼け止めを選びましょう。お肌に優しいものを選ぶのであれば、香料や着色料などが控えめの日焼け止めを選ぶようにして下さい。日焼け止めの効果に香りやカラーは必要のない成分です。

ところで日焼け止めの説明を簡単にさせてください。日焼け止めにはPAやSPFという表示がされていると思います。PAはUVA、いわゆるA波はからお肌を守るレベル表示です。A波はお肌の深層迄届きコラーゲンを壊してしまうため、お肌に問題が起きたり老化を促してしまいます。

PA+のプラスが増えるほど、A波からお肌を守る事が可能です。お肌の表側に悪影響を及ぼすものがUVB、B波になります。日焼けの直接結びつく紫外線が、UVBです。ですから、「SPF15」「SPF30」などの表示は、数字が増えればそれだけB波からお肌を守る事が出来るという表示になります。

PAは+が多ければ多いほど日焼け対策に効果がありますが、その分お肌へのストレスも掛かってしまいます。同じようにSPFの数が50以上と大きくなる場合は前述した紫外線吸収剤配合のものが多いため、ニキビを持っている人には向きません。

日焼け止めは何度かに分けて塗布する事が基本の塗り方になりますので、お顔にまんべんなく二回ほどに分けて伸ばしていってください。一度でがっつり塗ってしまうとムラができてしまうまでので気をつけましょう。塗り忘れが置きやすい場所は首の後ろや耳の周りですので、日焼け止めを塗る際には意識してください。

日焼け止めの中でも二層タイプのものがありますが、使用する前はしっかり振って混ぜ合わせてから使用しましょう。

ページの先頭へ