30代の大人ニキビとは

ニキビは思春期に出来るものというイメージは根強いですが、どの世代にも生まれてしまうものです。勿論30代の女性のお肌にもニキビは生まれます。

30代の女性でニキビに困らされている人には、色々な共通点があるようです。例えば、仕事に追われストレスが蓄積している人や、ぐっすりと眠る時間が取れない人、生理周期が一定ではない人や、便秘がちの人もニキビができやすいタイプだといわれています。

野菜よりも肉を多めに摂取してしまったり、甘いものばかり選んでしまう人や、ついファストフードを食べる機会が多い人は、にきびを改善するために食生活の見直しを行ってみましょう。

思春期から20代前半に生まれるニキビとは違い、30代女性のニキビは皮脂の分泌過多や、オイリー肌からくるニキビではないようです。皮脂腺が集まるおでこや鼻周りのTゾーンにニキビが生まれることは少なく、皮脂腺の影響が少ない頬や顎の周囲のUゾーン付近にニキビが現れます。

お肌の乾燥が影響して硬度を増した不要な角質が毛穴をふさいでしまったことにより、アクネ菌が毛穴の中で増えてしまった事へと繋がり、ニキビが生まれてしまった可能性は低くありません。これは、まさに大人ニキビが生まれるセオリーです。

お肌から潤いが減ってしまうとお肌は乾燥し、皮脂の分泌が多くないUゾーンはバリア機能が落ちてしまいます。また不要になった角質も毛穴を塞ぎやすくなってしまい、今度はその毛穴から皮脂が通らなくなってしまい炎症になり、ニキビへとつながってしまうのです。

30代の大人ニキビを撃退するためには、生活習慣の見直しを心がけましょう。便秘がちな人はサプリメントや便秘薬にサポートしてもらいつつ、便秘解消を目指して言ってください。なるべく一日6時間睡眠を心がけたり、食事ではビタミン類をたっぷり摂取することも大事です。

洗顔やメイク落としを利用した後はしっかりとした保湿でお肌を潤してあげること、ファンデーション利用時にはお肌に対して比較的優しいパウダー形のファンデを選んで下さい。ニキビケアをする際は思春期時に生まれるニキビケアの乾燥させる薬ではなく、大人きびに特化したものを使用するようにしましょう。

ページの先頭へ