50代の大人ニキビ対策

女性の大きな悩みのひとつである更年期ですが、50歳を過ぎてからも生まれるニキビとこの更年期に深い関係がありました。

一般的に45歳前後から女性の更年期がスタートすると考えられていますが、50歳を越えた辺りから現れる大人ニキビの元は、更年期が始まったことによりホルモンバランスが乱れるため、ということが多いです。

更年期が始まると過剰に汗が出てきたり、のぼせるような状態になってしまうのは、血の巡りや分泌系の不調に影響されているためです。女性ホルモンのひとつにエストロゲンと呼ばれるものがありますが、このエストロゲンは更年期に入ると突然減ってしまいます。

エストロゲンの活動が減少してしまう事で体内のホルモンバランスが乱れ、血流が滞ってしまったり、皮脂が過剰に分泌されてしまったりということから大人ニキビが生まれるのです。 更年期を迎えないわけには行きません。なるべく上手に向き合っていけたらいいですよね。

更年期が原因のニキビ改善策をするには、皮脂が毛穴を塞がないように意識していきましょう。アクネ菌という名前は聞いた事があると思いますが、毛穴を塞いだ皮脂を栄養にしてアクネ菌は増えてしまい炎症を起こします。

この炎症がニキビです。不要になった角質を除去し、皮脂が毛穴で詰まらないように対処していって下さい。まずは定期的に洗顔をする事が大切です。お肌に負担をかけないようになるべく添加物などが入っていない洗顔料を選び、ダメージを与えないようにお顔を洗っていきましょう。

洗顔後は保湿も重要になってきます。お肌をガードするためにも、保湿ケアに加えビタミンAやビタミンC をしっかり摂取し、体の中側への潤い補給も意識していってください。

年を重ねるとお肌の保湿に大きな影響力を持つセラミドやヒアルロン酸はどんどん減っていき、お肌の潤い維持が難しくなってきます。ニキビ改善のみではなく、ハリのある美肌を手にするためにも重要な事が、お肌から潤いを逃がさないことだと言えるでしょう。

体の外側だけではなく内側からも潤い補給を欠かさない事で、お肌の新陳代謝をサポートし、コラーゲンやヒアルロン酸などを作るサポートが出来ます。

ページの先頭へ