ニキビ跡を医療機関で改善する

ニキビ跡が悪化してしまった事で生まれるのがデコボコ肌やケロイド状態のお肌です。この状態は時間が解決してくれるお肌トラブルではありません。きちんと治療し改善できなければ、この後も悩みが消えることはないでしょう。

解決のためには勇気を出して、皮膚科の医療機関に通い、お医者さまに相談される事がオススメです。皮膚科で受けられる施術には、健康保険が使えるものと使えない二種類の方法が存在します。ステロイドを注入する方法やリザベンを服用する方法が、外用薬処方以外の健康保険適用の治療法です。

次に健康保険が適用できないケースです。 一つ目は深く刻まれている部分的なニキビ跡に向いているレーザー治療と、赤味がでてしまったり色素沈着が生まれたニキビ跡に向いている光治療になります。

炭酸ガススレーザーやエルビウムヤグレーザーは、皮膚にレーザーを当てることによって皮膚を気化させる事で治療を行う方法です。血が出る可能性は低いですが、血液を一瞬で固めるためにかさぶたが生まれることもあります。お肌が回復するまでには10日程度掛かることもあるようです。加えてお肌には数ヶ月赤味が残ると聞きます。

お肌の深層にある真皮にまで当てることの出来るフラクショナルレーザーも最近では支持する人が多いです。またフォトフェイシャルという特別な光をお顔にまんべんなく当てることによって、コラーゲンを新しく作るサポートをする方法もあります。かさぶたが作られないために、施術後お化粧をすることも可能です。

二つ目は弱い酸性の薬をお肌に塗布し、不要な角質や毛穴をふさいでいる老廃物を溶解する方法のケミカルピーリングになります。お肌の新陳代謝を後押ししてくれる効果を持つため、様々なニキビ跡の解消にお役立ちです。

三つ目はビタミンCをお肌の奥にまで届ける方法としてはイオン導入が挙げられます。何度も施術を受ける事で、赤味を帯びたお肌や、色素沈着が生まれたいるニキビ跡の効果が期待できるでしょう。

デコボコのあるニキビ跡を創傷治癒効果を用いて新しい肌を作り出すサポートをする方法が、四つ目のダーマローラーという方法です。細かい針が設置されたローラーを利用し、目では見えないほどの穴を皮膚につけます。成長因子をお肌に塗ることによって更に効果をアップさせる事が可能です。

本人の血液を活用するのが皮膚再生医療になります。メリットはアレルギー拒否反応が出にくいという面でしょうか。傷ついた血管や細胞を治癒する効果を持つ血小板をたくさん含有した多血小板血漿を皮膚に入れる事で、クレーター状になったニキビ跡に効果を持ちます。

人によって体質も違いますし、ライフスタイルも異なりますので、自分にあった治療方法を選んで下さい。まずは医療機関でお医者様のカウンセリングを受けることからスタートしてみるのがオススメです。

ページの先頭へ