ニキビ肌のための保水・保湿

ニキビができやすい肌というと、べたべたしたオイリー肌を想像する方も多いでしょう。そのため、肌はできるだけ乾燥してさらっとした状態を保った方が良いのでは?と思う方もいるかもしれません。

ですが、ニキビを予防するためには保水と保湿が重要になってくるのです。特に、悪化したニキビというのは肌が炎症を起こしている状態なので、医薬部外品の化粧水などを使用して抗炎症成分を取り入れていくと良いですね。

肌のバリア機能を高めるためには、適度なうるおいが欠かせません。保水や保湿が十分に行われていないと肌が乾燥し、バリア機能が衰えてしまうので注意しましょう。化粧水を選ぶ際のポイントは、何といっても保湿力が高いものを選ぶということです。口コミ情報などを参考にしながら信頼できる商品を取り入れていきたいですね。

ニキビの予防用に開発された化粧水の中には、アクネ菌の増殖を防ぐ成分が含まれているものもあります。反対に避けておきたい化粧水は、アルコールが含まれたものです。アルコールは肌への刺激が強く、乾燥につながってしまうこともあるため、ニキビに悩んでいる方はアルコールフリーのものを選択していた方が良いでしょう。

また、べたべたするのが気になるからという理由で乳液を避けている方もいるようですが、これもおすすめできません。というのも、化粧水を塗っただけの肌というのは水分が蒸発しやすい状態になっているからです。

乳液は、それに蓋をする役割を持っているため、いくら化粧水を塗ったとしても乳液などを塗らなければ肌はどんどん乾燥してしまいます。べたべたしている=ニキビができてしまうというイメージを持っている方の場合、化粧水を塗るのもためらってしまうでしょう。

ですが、化粧水と乳液は肌のバリア機能を高めるためにも欠かせないものなので、しっかり取り入れていきたいですね。正しいスキンケアはニキビ対策の基本ともいえます。適当にスキンケアを済ませていたという方も一度見直してみてはどうでしょうか。

ページの先頭へ